teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


荒船風穴~富岡製市場と絹産業遺産群~

 投稿者:カロン  投稿日:2013年 1月 9日(水)18時10分23秒
編集済
  明治時代に建てられた、岩の隙間から吹き出す冷風を利用した蚕種(蚕の卵)の貯蔵施設で、冷蔵技術を活かし、当時年1回だった養蚕を複数回可能にしました。3基の風穴があり、貯蔵能力は国内最大規模で、取引先は全国38道府県をはじめ朝鮮半島にも及んでいたのだそうです。

場所は、長野県に隣接する群馬県下仁田町の荒船山の麓。史跡には貯蔵庫を取り囲んでいた石積みが残っているだけなので、事前に、下仁田ふるさとセンターに行き、下調べをしました。

蚕の卵は、菜の花の種にそっくり。そのため蚕種と呼ばれます。蚕種は寒い環境ではふ化しません。冷蔵庫の無かった時代、岩石の間から吹きだす冷風を利用した風穴は、真夏でも一定の温度を保ちます。庭屋静太郎・庭屋千尋父子は、そこに着目し資金を集めて着工、1号風穴から3号風穴まで増やしました。(ふるさとセンター2階にあるジオラマ、奥から1号・2号、手前が3号風穴です。)

蚕種を産み付けた種紙をまず、種紙小箱にに入れます。それを木箱に入れ、冷風が吹き出す石積みに沿わせて収納します。

しくみがわかったところで、いよいよ風穴見学!
狭い県道44号線を進み、風穴入り口に到着。4~5台分の無料駐車場もあります。階段を下りていくと、まず3号風穴、奥に進むと1号風穴横まで行けて、中を覗き込めます。

この日は寒かった為、外気温が1.1度。それでも風穴内の吹きだし部の温度計は、マイナス1.7度を指してます。温度差が大きい夏場だと、吹き出し部から白い冷気が見えて神秘的だそうですよ♪
 
 

田島弥平旧宅~富岡製糸場と絹産業遺産群~

 投稿者:カロン  投稿日:2012年12月30日(日)15時24分55秒
  世界遺産候補、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産の一つ、田島弥平旧宅に行ってきました。

田島弥平さんとは1822年に生まれ、幕末から明治にかけて優良な蚕種(蚕の卵)を生産する養蚕技法「清涼育」を完成させ、近代養蚕飼育法の確立を図った人物です。

「清涼育」普及のため、弥平が考案した養蚕建物「田島弥平旧宅」がこちら。

空気循環を良くする2階建て、瓦葺、気抜き用の櫓が屋根に付いているのが特徴です。(総櫓)

旧宅の広さは約4000平方メートル。画像の主屋の他に種蔵、桑場などが現存しています。

主屋の東側には新蚕室がありましたが、戦後に解体。現在は、渡り廊下のみが残っています。

気抜き用の櫓は、この総櫓の他に三ツ櫓、二ツ櫓などがあり、数軒隣りの田島亀夫宅では、三ツ櫓を見ることが出来ます。

この島村地区はかつて、日本三大蚕種生産地として名を馳せており、田島弥平旧宅の他にも、この建築様式の建物が建ち並び、観光コースになっています。

位置は群馬県伊勢崎市ですが、観光コースの行程には群馬と埼玉の県境も通ります。この群馬県の最南部で蚕種業が栄えたのは、利根川と広瀬川の合流地点に近く、砂室土に恵まれた事と、通船による運搬が容易だった事があげられます。(今でも近くには舟の県道と呼ばれる、島村渡船が残っています。)

田島弥平は、蚕種の輸出も横浜の商人任せにせず、4回もイタリアのミラノなどヨーロッパへ出向き、直輸出もしていました。また、天皇家に宮中養蚕の指導も行っていました。

最後まで蚕種製造を続けていた島村蚕種株式会社も、昭和62年に閉鎖され、会社跡地には碑が残るのみとなっています。

高崎市育ちの私が小学生だった頃は、通学路には沢山の桑の木が植えられていました。養蚕業の衰退と共に、あの緑の光景が見られなくなってしまったのは、寂しい限りです。

島村の田島弥平旧宅の近くには、小さな見本桑園があり、蚕のエサとなる桑の木を久しぶりに見る事ができました。
 

プラハの歴史地区

 投稿者:カロン  投稿日:2012年12月10日(月)10時51分19秒
  14世紀に神聖ローマ帝国の首都として栄えたプラハです!

街に建つ3670建造物のうち1540棟が、歴史的・文化的に価値があるそうな。まさに世界遺産の中の世界遺産っていう感じです。

まずはベタにカレル橋から。土曜日だったせいもあり、橋上は大混雑。それでも上を見上げれば聖人の像越しにプラハ城、、素敵です。でも、カレル橋→プラハ城は、この後徒歩移動を予定していたので、その高低差にちょっとたじろぎました。
欄干に立つ30体の聖人様達の中から、我らがザビエル様を見つけ出し、その後、プラハ城に向かいます。

プラハ城への旧登城道の脇には、葡萄畑がありました!
坂を上りきったらホットワインでも飲もう!と心に決め、城までの上り坂を急ぎます。

ぴくりともしない衛兵2人が守る門をくぐり、城内へ。
まず、歴代ボヘミア王が眠る聖ヴィート大聖堂を見学。創建は929年だけれど、長い時間をかけて建築中断→再建などの歴史を経ている為、ベースのロマネスクを筆頭にゴシック、ルネッサンス、バロックなど、メジャーな建築様式勢ぞろい。勉強になります・・。

プラハ城のある丘を下り、旧市街広場へ。
左が天文時計がある旧市庁舎、右奥がティーンの聖母聖堂です。このティーン(税関)の名は近くに税関施設があった事に由来します。

せっかくなので、毎時の天文時計のからくりが動くまで、待ってみました。沢山の人が集まってきて、びっくり!精巧なからくりを見学した後、ここでもまたラッパの音が・・。上を見上げると、クラクフでは濃霧で見えなかった吹き手の姿も見えました。ちゃんと当時の衣装を着てるんですね、感動です。



土曜日に見学出来なかったユダヤ人地区は、日曜日に巡りました。(土曜日は、ユダヤ人の休日との事です。)

日曜の朝一番に、ヨーロッパ最古のシナゴーグでもある「旧・新シナゴーグ」を訪問。入場料を払うと、係りのおばあさんが、「本当は男性にしかあげないのよ。」と言って、小さい円錐型のユダヤ人の青い帽子をくれました。今は、家のぬいぐるみの頭にのせてます。周りには、旧ユダヤ人墓地やアルハンブラ宮殿を模したスペインシナゴーグなどもありました。

その後、地下鉄でプラハ城近くの駅まで行き、バスに乗り換えストラホフ修道院へ。バスはプラハ城の外枠をなぞるように進んでいくので、城の大きさが良くわかります。
この修道院での見所は、宗教施設ではなく「図書館」。13万冊といわれる蔵書もすごいけど、目を惹くのはバロック様式の装飾。天井まで設えられた棚の重厚さや、華麗な天井のフレスコ画、所々に配された地球儀などの小物も相まって、ひょっこり棚の影から、中世の学生が現れそうな雰囲気でした。
 

アウシュヴィッツ・ビルケナウ-ナチス・ドイツの強制絶滅収容所(1940-1945)-

 投稿者:カロン  投稿日:2012年12月10日(月)01時03分8秒
  アウシュヴィッツはドイツ語読みで、現地での地名は「オシフィエンチム」です。
最寄の駅の名前も「オシフィエンチム」です。

英語のガイドツアーに参加し、アウシュヴィッツ→ビルケナウの順に見学をしました。

教科書等でよく見るアウシュヴィッツ強制収容所の入り口。「働けば自由になる」と書かれた門です。

入ってすぐ右手のキッチン前のスペースには、弦楽奏者を配置して、音楽を奏でながら収容者を迎える事もあったようで、演奏者の写真パネルがありました。なんだかとても切ないです・・。

28棟ある囚人棟のうち、4号棟からガイドさんの説明と共に巡ります。各囚人棟は石造りの2階建てです。

ガス室での大量殺人に使われた劇薬「チクロンB」の使用済み缶。このあたりから、ツアー参加者の表情も暗くなります。

シャワー室(実はガス室)に入る前に預けた荷物・・後で手元に戻る時の為に、名前や住所を大きく書き残したのだそうです。

銃殺に使われた「死の壁」に手を合わせた後、死のブロックを呼ばれる11号棟へ。飢餓室やコルベ神父も入れられた立ち牢など、悲しい設備が続きます。あまりに酷い光景に、参加者は皆無口です。

ガス室に隣接した焼却場。3台の炉を備え、1日に350体を焼却していたそうです。
・・実は、焼却場やガス室内部も写真撮影は可能なのですが、1度に沢山の命が奪われた場所だと思うと、シャッターが切れませんでした。すいません・・。

インフォメーションセンターで、15分ほど休憩した後、2キロ離れたビルケナウに向かいました。


ビルケナウ・・現地での地名は「ブジェジンカ」です。

300棟以上のバラックが並んでいた、アウシュヴィッツの10倍以上の規模の収容所です。

こちらの施設は、死の門をくぐって鉄道の引込み線が真っ直ぐ敷地内に入り込んでいます。数百メートル先で線路は尽きていますが、列車が止まったその場で収容者は降ろされ、ガス室行きと強制労働施設行きに選別されました。

バラックのほとんどは大量虐殺の事実を隠そうとしたドイツ軍に壊されましたが、いくつかのバラックが残っており、内部見学が出来ました。いずれも、アウシュヴィッツの囚人棟と比べると、足元は地面がむき出しで粗末な造りです。

バラックのベッド・・この木枠の中に藁をしき、一つの枠に8人が押し込められたそうです。

ビルケナウのガス室や焼却場は破壊され、建物跡が残るだけでした。跡の近くには大きな国際慰霊碑が建ってました。

私たち大人のガイドツアーの他に、沢山の子供達の社会科見学のグループを見かけました。日本の広島平和記念碑(原爆ドーム)と同様に、「負の遺産」として世界遺産に登録されたこの物件が、次世代に伝えていくという大きな役割を実感できた1日でした。
 

ヴィエリチカ岩塩坑

 投稿者:カロン  投稿日:2012年12月 8日(土)02時47分56秒
  皆さんは、世界遺産第1号ってご存知ですか?

1978年に、初めて登録された12件の世界遺産は、
こちらです。

シミエン国立公園(エチオピア)
イエローストーン国立公園(アメリカ)
ナハニ国立公園(カナダ)
ガラパゴス諸島(エクアドル)
アーヘンの大聖堂(ドイツ)
クラクフの歴史地区(ポーランド)
ヴィエリチカ岩塩坑(ポーランド)
ラリベラの岩の聖堂群(エチオピア)
ゴレ島(セネガル)
メサ・ヴェルデ国立公園 (アメリカ)
ランス・オー・メドー国立歴史公園(カナダ)
キトの市街(エクアドル)

登録数1位のイタリアや、ユネスコ所在地のフランスを差し置いて登録されたのが、このヴィエリチカ岩塩坑と、前の日に散策したクラクフの歴史地区です。

しかも、ヴィエリチカ岩塩坑は、喚起設備の不備から一時期、危機遺産にも登録されていた物件。話題満載で、世界遺産好きにはとても気になるスポットです。(今は喚起良好!危機遺産からも外されました。)


出口付近には、世界遺産第1号の12件を称えるユネスコの紋章も。


前書はこの位にして、見学スタート!
ヴィエリチカまではクラクフ駅前のバス停から、25分ほどで到着します。

岩塩鉱山のイメージを覆す、可愛らしい入り口。

坑道内はガイドさんと一緒の見学ツアーでないと、入れません。坑道は全長300キロメートル!迷路のように入り組んでいるので、迷子になったら大変なんだそうです。
ちなみに、ポーランド語ガイドツアーより、英語ガイドツアーのほうが、入場料は少しお高めです。

英語ガイドツアーが始まるや否や、怒涛の螺旋階段降り360段!地下325メートル地点まで自力で進みます。いきなりハードでした。直径の狭い螺旋階段なので、眼が回る感じだし。ガイドさんの説明が始まる頃には、膝が笑ってました・・。

ガイドさんの説明は、岩塩で作られたコペルニクス像から・・。

中は暗めで、ある程度湿気もあるので、カメラは夜景モードで撮影しました。坑内の湿気は塩分を含んでいるので、喉にいいそうです。昔はこの環境を生かして坑内に呼吸疾患の患者や、リウマチ患者用の療養所もあったそうです。

骨組みと電球以外は岩塩でできているシャンデリア。天井は黒地のマーブル模様のように見えますが、これも全面岩塩。外気に長期間さらされて黒くなった部分と、割れ目から吹き出した粉状の白い塩部分です。

ハイライトはキンガ姫の礼拝堂。天井も高く広~い空間に、素敵は岩塩彫刻が沢山!岩塩で出来た床にもシャンデリアの光が反射して、とてもキレイでした。キンガ姫とは、岩塩坑を発見したといわれているポーランド王妃です。

塩で出来た最後の審判のレリーフは、立体感があって、今にも動き出しそうでした。

坑内には岩塩で囲まれた運動場もあって、この日はハンドボールの国際試合をしていました。その他に結婚式場もあるそうです。ツアーの行程には、音楽に合わせて地底湖を明かりで照らし出す演出もありました。

崩落を防ぐ木組みの支えなど、芸術面だけではなく、技術面も優れています。坑内での岩塩の運搬に使った木製の巻き上げ機(馬が動かします。)や、トロッコや鉄道の敷設など、設備の変遷も分かりやすく展示してありました。

見学が終わり地上に出る手段はエレベーター。4~5人ずつ鉄鋼のカゴのような物に乗せられ、真っ暗な中、風に吹かれながら一気に上昇します。スリル満点でした~。
 

レンタル掲示板
/43